歯の矯正の目的や種類について

歯を矯正する女性

この記事では、歯の矯正をする目的や矯正の種類についての情報をお伝えしていきます。

どういった目的で歯の矯正を行うべきなのか、歯の矯正にはどのような種類があるのか知っておきましょう。

歯の矯正での注意点についても触れていきます。

歯の矯正とは

矯正とは

歯の矯正は歯列矯正とも呼ばれ、その名前の通り歯並びを綺麗に整えることです。

歯並びが悪いと、笑った時などに見える口元の印象が悪くなってしまうことも多く、特に女性は気になる人も多いでしょう。

綺麗な歯並びに憧れている人が多いのが実情です。

また、歯並びが悪いと見た目だけではなく、歯の隙間が不規則になることにより虫歯になりやすくなることも多いです。

その他にも、頭痛の原因や顎関節症の原因にもなってしまうので、健康面を考えても綺麗に整っていたほうが良いです。

歯の矯正にはどんな種類がある?

歯の矯正には、いくつかの種類があります。

大きく分けると歯の矯正には3種類あり、ワイヤーを使った矯正、歯の裏側から矯正する方法、マウスピースによる矯正があります。

ワイヤー矯正

矯正したい歯の表面にワイヤーがついている矯正器具を装着して、ワイヤーの張力を利用して歯を矯正する方法です。

歯の矯正と聞いてイメージすることが多いのが、このワイヤー矯正になります。

裏側矯正

歯の裏側に矯正器具を装着して矯正する方法です。

ワイヤー矯正だと歯の表面に器具が見えるので、気になってしまう人が多いです。

裏側だと矯正器具が見えないので、見た目には矯正していることがわかりません。

マウスピース矯正

自分の歯型に合わせて作られたマウスピースを装着して歯の矯正をしていく方法です。

徐序に理想の歯並びに近づけるようにマウスピースを変えていくので、負担も少ない矯正方法になります。

この方法で矯正している子供も多くいます。

歯の矯正での注意点

歯の矯正での注意点についてご紹介していきます。

歯の矯正でまず注意することとしては、歯の矯正には長期間を要するということです。

また、すぐに歯並びが綺麗になるわけではありません。

そのため、長期間矯正器具を装着することになります。

また、歯の矯正前には虫歯や歯肉炎などの口腔内のケアをしておく必要があります。

矯正したくてもすぐには開始できないこともあるので注意が必要です。

まとめ

さて、今回は歯の矯正の目的や種類、注意点についての情報をお伝えしてきました。

自分の環境にあった矯正方法を選んだり、長期間の矯正が必要になるなどの注意点を確認しておきましょう。